« モーセ誕生! | トップページ | スパイの報告 »

2012年7月22日 (日)

イスラエルを過ぎ越された主

20120722s今日もモーセの話です。その頃、イスラエルはエジプトの国で奴隷として働いていました。奴隷ってわかるかな?給料なしで鞭で打たれて働かされることです。(※日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 教会教育部のイラストを引用しています。)

モーセはイスラエル人を悪いエジプトの王様から解放するために神様に選ばれたんだ。神様はエジプトの王様に対抗するために多くの災いをエジプトの地に与えました。カエル、ブヨ、アブ、家畜の疫病などなど。でもエジプトの王様に全く効果がありませんでした。

そこでエジプトの王様に対抗するための最終命令がモーセに下ったんだ。それは・・・
真夜中ごろ、天使たちによってエジプトの国のうちのういごは、みな死ぬであろう。(出エジプト11:4)
というもの。昔から長男は家を継ぐ者として大事にされてきました。この長男が殺されるとは家の呪いを意味したんだ。神様がエジプトの国にされたのは、このことでした。

でも神様は助かる唯一の方法も教えて下さった。それは・・・
小羊の血をとり、家の入口の二つの柱と、かもいにそれをぬらなければならない。(出エジプト12:7)
20120722h小羊の血を柱と鴨居に塗ること。これだけです。柱は縦の棒、鴨居は横の棒です。柱と鴨居に血を描くとちょうど真っ赤な十字架になる事に気づいたかな。
つまり家に十字架を描くことが命が助かる条件だったんだ。
そして、これは昔の話でなくて、今も変わらない。

あなたがたは神の宮であって、神の霊がやどっていることを知らないのか。(コリント書上3:16)
君たちひとりひとりは家なんだ。でもそれを神の宮、神の家にすることもできるし、滅びの家にすることもできる。神の霊が宿り、神の家にするには、心の中にイエス様を迎え入れるだけでいいんだ。反対に小羊の血を家に塗らなければ、言い換えればイエス様を心に迎え入れなければ滅びが待っているんだ。

20120722h1もう一つだけ考えて欲しい。この過越の記事には、小羊の血を塗る柱は2本と書いてあるね。柱が2本あれば、十字架も2本描かなければいけないよね。
1本はイエス様の十字架。これはわかる。でももう1本は何だろう。ヒントになる御言葉がある。
だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。(マタイ16:24)
イエス様の十字架のほかに自分の十字架がある。その2つを体験して初めて本当の救いが君たちのところに来るんだ。
20120722c君の十字架は何か?それを決めるのはイエス様。文句はイエス様にしか言えない。ただイエス様にすべてをゆだねて生きていこう!(※日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 教会教育部のイラストを引用しています。)

|

« モーセ誕生! | トップページ | スパイの報告 »

子供メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437863/46790448

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルを過ぎ越された主:

« モーセ誕生! | トップページ | スパイの報告 »