« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年8月

2009年8月16日 (日)

多くの人々を生かした言葉~8/16日曜礼拝

今日は日曜礼拝の日。幸田バプテスト教会(幸田町菱池錦田73-1 電話0564-62-3403)で礼拝を守りました。

メッセージは今井勝利牧師が取り次がれました。テーマは、多くの人を生かした言葉。聖句はマタイ11章から。

以下は週報からのメッセージの要約です。

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。(マタ11:28)

このイエス様のみことばは、時代や民族などを超えて、数え切れない人々の心に希望と平安と慰めを与えてきました。このみことばには人間の根本的問題に解決を与えるすばらしい約束かあるからです。

第一の約束は、イエス様は私たちを知っておられるというものです。

イエス様は全知全能の神様で、ひとりひとりのことを心の中までよく御存知です。私たちの人生の疲れや、罪の重荷の悩みも知っておられ、苦しむ私たちの心を理解し、同情してくださるのです。イエス様に忘れ去られた孤独な人はいません。

第二の約束は、イエス様は私たちを招いておられるというものです。

イエス様は万物の創造主であり私たちに命を与える神様ですが、私たち罪人を招くために人間になってくださいました。十字架で私たちの罪の身代わりに命を捨てるほど私たちを愛している救い主ご自身が招いてくださっているのです。

また、イエス様は、全ての人を、制限無く招いておられます。人間の招きにはどうしても限界や制限があります。しかしイエス様の招きは、時代や民族を越え、個人の力や人間的評価に関わらず、全ての人に及んでいるのです。今も全ての人はイエス様に応答するように呼びかけられています。

第三の約束は、イエス様は私たちを休ませてくださるというものです。

①イエス様はご自分を救い主と信じる者を罪から解放します。ご自分が十字架で私たちの罪の罰を身代わりに受けたので、信じる者の罪を赦し、魂に平安を与えることができるのです。

②また、イエス様は私たちを思い煩いから解放します。試練の中にある私たちに、折に適った必要なみことは与え、心を支えてくださいます。

③さらに、イエス様は死の恐怖から解放してくださいます。信じる者には永遠の命が与えられ、天国が約束されます。イエス様を信じて牧われた人は、天国の希望を確信できますから、死の恐怖に押しつぶされずに、平安を持てるのです。

20090816b 今日は先週の日曜日に生まれた今井先生ご夫妻の初子のお披露目がありました~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

御霊に満たされなさい~8/9日曜礼拝

今日は日曜礼拝の日。幸田バプテスト教会(幸田町菱池錦田73-1 電話0564-62-3403)で礼拝を守りました。

メッセージは今井勝利牧師が取り次がれました。テーマは、御霊に満たされなさい。聖句はエペソ書から。

洗礼を受けてクリスチャンになってから、主にある喜びを失い、信仰生活が嫌になる人があります。もったいない話です。

御霊に満たされることなしにわたしたちが信仰生活を続けることは難しいと言えます。今日はエペソ書から3つの点をお話しします。

第1は、聖霊に満たされることの意味。

酒に酔ってはいけない。それは乱行のもとである。むしろ御霊に満たされて(エペ5:18)

これは空っぽになった聖霊を聖霊スタンドに行って満タンにするという意味ではありません。

既にわたしたちの内に住んでおられる聖霊さまに自分自身を支配させるということです。

中日の熱狂的なファンの人は四六時中、中日のことばかり考えています。それは中日に自分自身が支配されていることに他なりません。ほかにも酒、麻薬などにも自分の人生のアクセルもブレーキも支配されることがあります。

同じように聖霊に満たされるとは聖霊に自分の人生を支配していただくことなのです。

第2は、満たされるためにはどうしたらよいのか。

それは自分自身の内にある罪を捨てるということです。余分なものを取り除かなければよいものは入れません。

しかしそれは自分が何とかしようとするものではなく、神様に清めていただくのです。

また、それは本気で神さまに委ねようと決心することです。

またそれは御言葉に従うことです。わたしたちには誘惑があります。肉の弱さがあります。罪も日々犯します。しかしその都度悔い改め、清めていただくのです。

第3は、御霊に満たされるとどうなるのか。

詩とさんびと霊の歌とをもって語り合い、主にむかって心からさんびの歌をうたいなさい。(エペ5:19)

賛美はカラオケとは違います。賛美はそれ自体礼拝であり、祈りもまた礼拝なのです。

キリストに対する恐れの心をもって、互に仕え合うべきである。(エペ5:21)

クリスチャンは、聖霊によって、人のためになろうと変えられていき、良い人間関係を築いていくことができるのです。

未信者と信者の区別は、御霊に満たされているかどうかです。これによって世の光のなることができるのです。

このような内容でした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »