« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月 9日 (木)

苦しみによって練られる信仰~7/9 婦人会

豊田バプテスト教会(豊田市広美町上之切3-5 電話0565-21-1087)聖書学び会に出席しました。

メッセージは高野亜紀子伝道師。テーマは苦しみによって練られる信仰。聖句は申命記2章26~37節

あなたがたは立ちあがり、進んでアルノン川を渡りなさい。わたしはヘシボンの王アモリびとシホンとその国とを、おまえの手に渡した。それを征服し始めよ。彼と争って戦え。(申命記2:24)

占領し始めよ。戦え」これが神さまの命令でした。しかし、モーセは「和平を申し込んだ」(26節)のです。

しかし、ヘシュボンの王の心を主は頑なにさせました(30節)

聖書に、主が相手の心を頑なにされることはしばしばでてきます。エジプトのパロやサウル王などがそうです。しかし、神さまの方法をとらせるためわたしたちにとって非常に重要な過程であることを忘れてはなりません。

わたしたちは結果よければ・・・と思ってしまいます。ヘシュボンと戦って占領しなさいとの命令に、なるべく戦いをさけ自分の身を守り戦うことを躊躇していることはないでしょうか。

イスラエル人がカナン(約束の地)に入るとは、今のわたしたちに当てはめれば天国に入ることに例えられています。エジプト脱出から40年間の荒野をさまよったイスラエル人。そしてもう少しでカナンの地を目前としている。このことから救いに預かった時から、天国に入るまでわたしたちはさまざまな訓練が必要なのです。

なぜか?自分たちが自分の救いだけで自己満足をしないため、自分本位の信仰に陥らないため、高ぶらないため、人に慰めを与えられるように・・・イエスさまの似姿へと変えられるために必要な過程なのです。

あなたは心のうちに『自分の力と自分の手の働きで、わたしはこの富を得た』と言ってはならない。(申命記8:17)

これは人間が祝福にあずかったときに陥りやすい状態です。伝道をしている。私は主に従っている。しかし形を重要視して自己満足に陥っていないだろうか。わたしたちのほうから神さまに捧げるのが信仰ではありません。いつも神さまから与えられているものであることに感謝することです。

アブラハムはロトよりも苦しみました。ダビデ王はサウル王より苦しみました。どちらが神様の祝福に預かったでしょうか?わたしたちは生活の中で「なぜこのようなことが起こるのだろうか?」と思うことに遭遇します。ヘシュボンの王の心を頑なにされたこともそうです。自分の方法で計算し、自分の方法もとりながら主に信頼してしまいがちなわたしたちです。

しかし、神様はわたしたちが人間的な可能性に絶望して、神様の方法に完全に寄り頼むように導くのです。苦難や訓練はわたしたちにとってよい状況を与えられるのです。それは肉体的なトゲかもしれません。外からの攻撃かもしれません。時には同じ兄弟姉妹からの攻撃かもしれません。とくに内側からの攻撃は失望、落胆も大きいものです。

しかし、どんな状況に陥ってもわたしたちには主がついておられる。主がその状況を与え、わたしたちがより主にすがるように変えられるのです。主はあなたの信仰の過程を見ておられます。どんな時にも失望せずに証ししていくことがわたしたちの使命であり、伝道なのです。

苦しみにあったことは、わたしに良い事です。これによってわたしはあなたのおきてを学ぶことができました。(詩篇119:71)

このような内容でした~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

みことばを聞く心~7/5日曜礼拝

今日は日曜礼拝幸田バプテスト教会(幸田町菱池錦田73-1 電話0564-62-3403)にて礼拝を守りました。

メッセージは今井勝利牧師が取り次がれました。テーマはみことばを聞く心。聖句はルカ8章から。

イエス様はたとえ話を用いて人々を教えることがよくありました。主は当時の農民の種まきの様子から、みことばを聞く心の大切さを教えられたのです。今日は3つの点からお話しします。

1つめ。みことぱを聞く心によって結果が変わるということです。

この譬はこういう意味である。種は神の言である。(ルカ8:11)

種まきのたとえとは土地のたとえといえるのかもしれません。種は神のみことばを表し同じ種、同じ品質の種です。

違っていたのは、その土地です。その土地の状態によって数ヶ月後に大きな違いが現れたのです。神の言葉を聞いても聞く人の心によって違う結果になるのです。

2つめ。みことぱを聞く心が良くないと、多くのものに妨げられるということです。

道ばたに落ちたのは、聞いたのち、信じることも救われることもないように、悪魔によってその心から御言が奪い取られる人たちのことである。(ルカ8:12)

ブライドや恐れなどのためにみことばを受け入れない固い心は、みことばを悪魔に奪われてしまいます。みことばの命が心に残りません。

また、都合の良い話だけに興味を示す表面的な心は、都合の悪い試練に耐えることができません。さらに、世のものに執着する欲深い心は、世のものに支配されてしまいます。世の富や楽しみに心が奪われて、みことばが忘れ去られてしまうのです。

このように、みことばが健全に心に留まることを妨げる要因は様々です。けれども、共通している原因は、聞く人の心が良くないことなのです。

3つめ。みことぱを聞く心が良いと、豊かな実を結ぶということも教えられています。

良い地に落ちたのは、御言を聞いたのち、これを正しい良い心でしっかりと守り、耐え忍んで実を結ぶに至る人たちのことである。(ルカ8:15)

みことばを聞く時には、素直な柔らかい心、信じて受け入れようとする態度が大切なのです。1つの種が良い地にまかれると、何十、何百もの実を結ぶように、1つのみことばが良い態度の心に届いて留まると、人生の多くの面で役立ちます。

みことばは試練の中で励ましを与えたり、クリスチャンの品性を整えたりするのです。

神様のみことばは生きています。みことばを聞く心が整っていれば、わたしたちの心の内に力強く働きかけて豊かな実を結ぶのです。

このような内容でした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »