« クリスマスのギフト~12/21日曜礼拝 | トップページ | 実を結ぶ信仰~1/18日曜礼拝 »

2009年1月11日 (日)

すべては新しくなりました~1/11新年聖会

午後3時30分から教会合同の新年聖会がありましたので、参加しました。

20090111c メッセージは、保見キリスト教会(豊田市保見ヶ丘1丁目78 電話0566-48-3562)高橋吉晴先生が取り次がれました。

聖句はヨハネ15章から。テーマは、見よ、すべては新しくなりました

わたしたちはクリスチャンになったからといっても、ねたみ、怒りが出てきます。自己中心の思い、貪欲、憎しみ、神よりも人を恐れる心、虚無感、金銭や性の汚れ。このようなものが内側にこびりついています。

このようなものは正直に自分を見たらあるのです。聖書ではこれを古い人と呼んでいます。

しかし、もしある枝が切り去られて、野生のオリブであるあなたがそれにつがれ、オリブの根の豊かな養分にあずかっているとすれば・・(ロマ11:17)

わたしたちは野生の木でした。それがイエス・キリストに接ぎ木されてその栄養分に預かっているのです。

とはいってもわたしたちは「どうも納得いかない」と感じるかも知れません。なぜならば何ひとつ変わっていないように思えるからです。

あなたがたはバプテスマを受けて彼と共に葬られ、同時に、彼を死人の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、彼と共によみがえらされたのである。(コロ2:12)

要は自分の感覚を信じるか、それとも聖書を信じるかということです。

感覚はいつも正しいとは限りません。山道で遭難した時に同じ道をグルグル回っていたということがあるそうです。まっすぐと感じていても同じ道を繰り返す。これが人です。これから脱出するためにはどうすればよいのでしょうか?そうです北を変わらずに示す磁石を信じることです。

このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。(詩1:2)

クリスチャンにとっても磁石とは御言葉です。主が喜ばれる人は自分の感情により頼む人ではありません。昼も夜も御言葉を口ずさむ人です。

わたしたちは現実を無視しているのではありません。古い人の性質は厳然としてわたしたちにあるのです。

だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。(2コリ5:17)

聖書は新しくなるだろうとは言っていません。「新しくなった」と言っているのです。わたしたちの信仰は実際にないものを信じる信仰ではなく、実際にあるものを信じる信仰です。実際になければそれは単なる思いこみになってしまうでしょう。

愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制(ガラ5:23)

転んだら立ち上がるのです。つまずいたなら起きあがるのです。その時、あなたは聖書に御霊の実と書いてあるこれらのことが与えられていることに気付くでしょう。

このような内容でした~

20090111c1 聖会後、持ち寄りパーティーがありました。

バイキング形式でした。

20090110c わたしは昨夜焼き上げたバナナシフォンケーキを提供しました。

|

« クリスマスのギフト~12/21日曜礼拝 | トップページ | 実を結ぶ信仰~1/18日曜礼拝 »

聖会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべては新しくなりました~1/11新年聖会:

« クリスマスのギフト~12/21日曜礼拝 | トップページ | 実を結ぶ信仰~1/18日曜礼拝 »