« 感謝をささげる~1/6聖日礼拝 | トップページ | 信仰に基づいた人間関係~1/23ハナミズキの会 »

2008年1月13日 (日)

キリストの中にとどまる~1/13新年聖会

今日は家の行事があり、日曜礼拝には出席できませんでしたが、午後からの新年聖会には出席できました。

20080113y 賛美の後、豊田ホープチャペルの山本孝司先生からメッセージ。テーマはキリストの中にとどまる。聖句は第1ペテロ5章から取り次がれました。

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。(1ペテ5:8)

腰掛け的信仰では成長はありません。本当のクリスチャンになりたいのであれば、キリストの中にとどまることが必要です。わたしたちはキリストにとどまろうとすれば、多くの誘惑があります。

クリスチャンになっても問題は起こる。問題や課題があるから祈り、聖書を読まざるを得ないのです。

敵は恐いスタイルであなたの所に来るのではありません。むしろ親切心の塊でやってきます。そして彼らの話を聞いているとウンウンと頷けてしまうのです。しかしそれは敵サタンの巧妙な仕掛けです。彼らのしたいことはとにかくあなたの心をイエスさまから離れさせて、今向かっている天国から軌道修正させたいのです。それは余りにも耳障りのいい教えなので、つい耳を傾けてしまうわけです。

サタンはわたしたちがキリストにとどまることを特に嫌がります。木も枝も成長するときにエネルギーが入ります。花も咲くときに大変な栄養がいるのです。わたしたちも信仰書を読んだり、聖書知識の豊富な先生の話を聞くことでキリストにとどまるための栄養をいただけます。だから機会があれば、できる限り時間を割くことです。

聖徒たちによって、ひとたび伝えられた信仰のために戦うことを勧めるように、手紙をおくる必要を感じるに至った。(ユダ3節)

そして戦いがなしには成長もありません。そうしないと祈りも眠たいものになってしまいます。

初めから聞いたことが、あなたがたのうちに、とどまるようにしなさい。初めから聞いたことが、あなたがたのうちにとどまっておれば、あなたがたも御子と父とのうちに、とどまることになる。(1ヨハ2:24)

キリストにとどまっていると、聖書を読むときに御言葉を通して自分が何をすべきかが見えてくる。御言葉は自分に適用するときに初めて力となります。聖書を通して神さまからの語りかけを聞くようにしましょう。

毎日のデボーションとは別に聖書の専門的な書物を読むこともお勧めします。聖書をどれだけ読んでいるかによって成長が違います。キリストにとどまるためには学ぶことが必要です。これを怠るとクリスチャンとしての成長が鈍くなります。

みなさんはプロテスタントの教会に所属していたのではなかったでしょうか。プロテスタントとはカトリックと異なり聖書を学ぶことが前提です。今は違いますが、もともとカトリックは司教などの資格を持った教師のみが聖書を読むことが許されました。それは信徒みんなが読んでしまうといろんな考えを持つようになり混乱してしまうからだと考えられました。しかしあなたがたはプロテスタントの教会の信者なのです。日々新たに聖書をもっと学ぶことが大事です。

あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っていることを知らないのか。(1コリ3:16)

キリストの中にとどまるとは聖霊の中にとどまることでもあります。ゴミの中に聖霊は住みたいと思われるでしょうか?毎日自らを清め、聖霊を歓迎する姿勢が必要です。もし毎日10分賛美している方がお見えになれば、これからは20分賛美しましょう。賛美には力があります。

そしてキリストにとどまるとは、教会にとどまることでもあります。神さまは計画を持ってわたしたちとこの教会に集めてくださいました。あなたの周りには嫌な人もいるでしょう。しかしそれはあなたのために主が与えられたのです。もしあなたに愛があるならば、忍耐もできるはずです。

上に立つ指導者に従いなさい。牧師、宣教師に対して感謝と祈りを捧げない信徒は情けないです。牧師の文句を言う前にその牧師のために祈りなさい。そうすると用いられる牧師になります。

キリストにとどまるためには、あなたに与えられている賜物を活かして奉仕をすることも必要です。そのためにもあなたの賜物は何かを知ることが必要です。賜物を用いられると教会にとどまることが楽しくなります。

ある先生がつぎのようなことをおっしゃいました。日本人は農耕民族がベースにあるので、和を尊ぶが、独自性に欠ける。西洋人は狩猟を基本としていたので、独創的だが協調性に欠ける。クリスチャンに必要なのは、ヘレニズム的な協調性、和と独創的な働きの融合ではないでしょうか。

織物は縦糸、横糸で様々な模様を織りなします。同じように教会でも自分の持っている意見を出しあい、美しい霊の織物を作り上げたいものです。わたしたちは目的を持ってここに集められているのです。もし意見があれば、ダメもとで教会のリーダーに提言してみてはどうでしょうか。

あなたがいなければ、ここの所属教会のカラーは出ないのです。神さまはあなたの働きを必要としています。

このような内容でした~

|

« 感謝をささげる~1/6聖日礼拝 | トップページ | 信仰に基づいた人間関係~1/23ハナミズキの会 »

修養会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリストの中にとどまる~1/13新年聖会:

« 感謝をささげる~1/6聖日礼拝 | トップページ | 信仰に基づいた人間関係~1/23ハナミズキの会 »