« 謙遜の実~10/7日曜礼拝 | トップページ | I will run to you not by might! »

2007年10月10日 (水)

主に立ち帰れ! 10/10 水曜日クラス

今日から婦人会が水曜日クラスとなりました。婦人だけではなく誰でも参加が可能になって新装オープンです。

遠く東山タワーが見える眺めのなかメッセージを聞きました。メッセージは主任宣教師から、聖句はイザヤ書55章でした。

あなたがたは主にお会いすることのできるうちに、主を尋ねよ。近くおられるうちに呼び求めよ。(イザヤ55:6)

イザヤ書は旧約聖書の福音書とも呼ばれるほど神さまの憐れみを感じさせられる書です。イザヤは西暦前700年前後に活躍した預言者でした。その頃、北イスラエルは当時のスーパーパワーであるアッスリアに滅ぼされてしまいました。南のユダ王国のこの強国の脅威にさらされます。このような先の見えない政情不安定な世界の中でイザヤは主の臨在を語ったのです。

耳を傾け、わたしにきて聞け。そうすれば生きることができる(3節)

この世での富があっても神様の言葉に従わないなら本当の生きるとはいえない。わたしたちはこの地上で労苦し、お金をためても何の役に立つでしょうか?その場限りです。来るべき世に神さまから義とされるためにわたしたちは、主の言葉に耳を傾けて従うことです。主に聞き従うことにより、ボロボロになった土地(心)も茨からモミの木やミルトスが生えるのです。茨は農作物もできない役に立たないものですがモミの木は役に立ちます(豊かになる、潤うこと)。神さまを第一に歩んでいきましょう。

このような内容でした~

その後、Sr. Yamada さんのところで家庭集会とお祈り会をしました。お祈り会をメインにして Nakata 伝道師よりショートメッセージ。

権勢によらず、能力によらず、わたしの霊によるのである」(ゼカリヤ書4:6)

ゼカリヤがみた幻の中でオリーブの木2本と金の燭台がでてきます。ここで大事なのは、オリーブの木から管がでて燭台につながり自動的に油が注がれていることです。燭台の火が燃え続けるためには油が必要なのです。燭台だけでは火はつかず役に立たないものとなります。わたしたちは自分たちの力では何もすることができません。上からの油(神の霊)によらなければ何一つできないのです。

今わたしたちに必要なのは管をつまらせないように謙り、謙虚に主の言葉に聞き従うことです。このような内容でした~

|

« 謙遜の実~10/7日曜礼拝 | トップページ | I will run to you not by might! »

婦人会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主に立ち帰れ! 10/10 水曜日クラス:

« 謙遜の実~10/7日曜礼拝 | トップページ | I will run to you not by might! »