« 赦しあうこと~9/30日曜礼拝 | トップページ | 主に立ち帰れ! 10/10 水曜日クラス »

2007年10月 7日 (日)

謙遜の実~10/7日曜礼拝

今日は日曜礼拝。メッセージは主任宣教師から。聖句はピリピ2章1節から18節

使徒行伝16章には、ピリピの教会が建てられた次第が書かれています。

パウロとシラスがピリピで伝道しているとき、ある占いの霊に憑かれた女奴隷の霊を出て行かせたところ、彼女の主人が怒って暴動を起こし、使徒たちを捕らえ牢屋に入れてしまいます。使徒たちは真夜中牢屋で賛美を歌っているとき、大きな地震の後、牢屋の扉が勝手に開き、看守は囚人が逃げ出したと思い、自殺を図ろうとしますが、パウロたちが止めます。

看守は、どうすれば救われるかパウロに尋ねます。その時、パウロは「イエス・キリストを信じなさい。そうすればあなたもあなたの家族も救われます。」という有名な聖句を語ります。看守はその夜のうちに家族ともども洗礼を受け救われた。そのような記事が載っています。

そしてこの看守の家族からピリピの教会は始まったと言われています。このピリピ人への手紙もまずは看守とその家族が受け取り読んだことでしょう。

パウロはこの手紙を書いたとき、皇帝に上訴するための囚人としてローマで監禁されていました。ちょうどミャンマーのアウン・サン・スー・チー女史のような感じで、自宅以外での行動を制限されていたようです。

この手紙を書いたのは、ピリピからの財政的な援助に感謝して書いたものと言われています。

ピリピ4章にはユウオデヤとスントケの喧嘩を仲裁している記事があります。クリスチャンが喧嘩をするのか、と思われるかも知れませんが、古い性質が出てきてそうすることもあるのです。人は欠点を見つけようと思えば、いくらでも見つけられます。わたしたちは建築中の建物と同じです。まだ建築が終わっていないからこの地にいるのです。

古い性質を解決できるのはイエスさまの十字架だけです。十字架で古い人が死んで、イエスさまと共に新しい命をもらうことが唯一の解決なのです。これが良い知らせです。内から変えられていく。神さまに自分を委ね、どんどん新しく違う人になっていくのです。

キリストは、神のかたちであられたが、神と等しくあることを固守すべき事とは思わず、かえって、おのれをむなしうして僕のかたちをとり、人間の姿になられた。(ピリピ2:6~7)

人は自分が一番偉くなりたいと思うものです。しかし神さまは全くその逆です。主がこの世に来て下さったということは、わたしたちがゴキブリになってゴキブリの世界を救うようなものです。それほど罪深い世なのに神さまは愛して下さった。そして自分を無にしてわたしたちの世界に来て下さったのです。

宣教も同じです。使徒マルコはエジプトで、使徒トマスはインドで伝道しました。そしてトマスの墓はインドのダマスに、マルコの墓はエジプトのカイロにあります。

わたしの父ハンスが中国に伝道することが決まったときの記念写真があります。本人は笑みを浮かべていますが、周りの友人は悲しい顔をしています。当時宣教師になるというのは、生きて帰ってこられないことを意味していました。宣教師は棺桶の中に自分の荷物を詰め込んだと言われています。

おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた。それゆえに、神は彼を高く引き上げ、すべての名にまさる名を彼に賜わった。(ピリピ2:8~9)

イエスは十字架で殺されましたが、それで終わったわけではありません。復活の初穂として天に上げられました。わたしたちも死んでそれで終わりではありません。再び会える希望があります。死が終わりではないのです。それだけでなく、最後の裁きの時でさえ赦されるのです。それが十字架の働きなのです。

このような内容でした~

|

« 赦しあうこと~9/30日曜礼拝 | トップページ | 主に立ち帰れ! 10/10 水曜日クラス »

日曜礼拝」カテゴリの記事

コメント

実は罪を認めるのは結構難しい~昨日から主人と久々に大喧嘩をしてます
相手が私が思うように動いてくれなかった事~期待していただけに
私は昨日義理父の病院に付いてました定休日だった主人に家のこと子供の事全てをゆだねて
でもそれが私の思いと全然違う留守番でした
私はまず感謝しなくてはいけないのに何も出来てない家の中の状態にただただ怒れてしまい~ありがとうを言うところが文句になってしまい
いまだに何もいえてません~

投稿: るか | 2007年10月10日 (水) 21時16分

るかさん、こんにちは~
喧嘩するのは仲のいい証拠?と楽観視したいところですが、主人に仕えるのは難しいですね(^^;)
妻たる者よ、夫に仕えなさい。それが主にある者にふさわしいことである。(コロサイ3:18)
これは私に言い聞かせているものです。るかさんに伝えられるほどの器ではありません・・・・
その後の23節に人に対してではなく、主に対してするように・・・・・とあります。主が背後におられ、主の命令ならば私達は従わなければいけません。ということで、ご主人様に謝り、謙遜になることは主から合格点をもらうためですよ!お互い頑張りましょう(^^)/

投稿: Yoripin | 2007年10月11日 (木) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謙遜の実~10/7日曜礼拝:

« 赦しあうこと~9/30日曜礼拝 | トップページ | 主に立ち帰れ! 10/10 水曜日クラス »