« 1人で神に近づく~10/24水曜日クラス | トップページ | 主を喜ぶこと~11/4日曜礼拝 »

2007年10月28日 (日)

肉の実と御霊の実~10/28日曜礼拝

今日は日曜礼拝の日。メッセージは主任宣教師からで、肉の実と御霊の実がテーマでした。

聖句はガラテア5章から。

なぜなら、肉の欲するところは御霊に反し、また御霊の欲するところは肉に反するからである。(5:17)

肉と心には戦いがあります。この戦いはクリスチャンになってもあります。わたしたちは今変えられているプロセスの途中だからです。よい働きを始められた主は必ず完成させてくださいます。柱だけの建物を見てもそれが完成前なら誰もあざ笑う人はいないでしょう。

すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており(ロマ3:23)

罪の結果、罪があるために神の栄光が手前で落ちてしまうのです。

聖書にはしばしば「しかし」と書いてあります。逆転のButです。ガラテア5章にもあります。

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実(5:22)

これは自分の力ではできません。わたしたちが罪を認めて聖霊がわたしたちのうちに住んでくださることにより、このような香り、クリスチャンの麗しい香りを放つことができるのです。

キリスト・イエスに属する者は、自分の肉を、その情と欲と共に十字架につけてしまったのである。(5:24)

2000年前の十字架にどうやって自分を付けるのか思われるかも知れません。これは信仰の働きによるものです。十字架に付けられたと信じ、主に自分の人生を全く委ねるのです。

そうすると以前興味を持っていたものがずいぶんつまらなく思えてきます。以前魅力的だったものが興味がなくってしまうのです。偽物を見分けるには本物をよく見ることだといわれます。心の中に本物を持っていれば、偽物が目の前に現れても飛びつくことはないのです。

ヨシュア記の中にアカンの罪のためにアイの小村に敗北した記事があります。アカンとその家族は石打ちにされますが、とても厳しい裁きと思われるかも知れません。しかし、罪があるとき、神さまの祝福は流れません。

もしうわさ話をして悪いことを言ったのなら、神さまに赦しを請いましょう。悪習慣があるのなら、赦しを請いましょう。

このような内容でした~

|

« 1人で神に近づく~10/24水曜日クラス | トップページ | 主を喜ぶこと~11/4日曜礼拝 »

日曜礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肉の実と御霊の実~10/28日曜礼拝:

« 1人で神に近づく~10/24水曜日クラス | トップページ | 主を喜ぶこと~11/4日曜礼拝 »