« 御言葉の力~10/14日曜礼拝 | トップページ | つまずきからの解放~10/21日曜礼拝 »

2007年10月17日 (水)

伝道の模範~10/17水曜日クラス

今日はヨハネ第4章より。主任宣教師よりメッセージ。

ひとりのサマリヤの女が水をくみにきたので、イエスはこの女に「水を飲ませてください」と言われた。(ヨハネ4:7)

当時、9節にもあるようにユダヤ人はサマリヤ人を軽蔑していた。ユダヤからガリラヤへ出かけるのもあえてサマリヤを避けて遠回りしたほどである。そのサマリヤ人に、しかも身分が低いと思われる女性に声をかけるというのは驚くべき事であった。ここで伝道の姿勢を学ぶことができる。

もし私が神だったらわざわざ御子を汚れた地上で死なせるなど考えない。一瞬にして神のみ業を現してさあ信ぜよ。それが簡単です。しかし、神様はあえて低い身分でこの世にこられ仕える姿をお示しになっています。

「あなたは5人の夫があったが、今のはあなたの夫ではない。あなたの言葉の通りである」。(ヨハネ4:18)

ここでイエス様は、この女が卑しい者であることもお見通しであった。しかしここで注意深く読んでいただきたいのは、イエスさまはこの卑しいことについて否定をされていなかった。むしろその女を気に掛けていることです。ここで主の憐れみ、愛を感じます。そして、その人にとって必要な御言葉、心に突き刺さるような預言的言葉は主のみ業により頼まなければできることではないこともわかります。

わたしは、あなたがたをつかわして、あなたがたがそのために労苦しなかったものを刈りとらせた。ほかの人々が労苦し、あなたがたは、彼らの労苦の実にあずかっているのである。(ヨハネ4:38)

自分が伝道の種を蒔いても、自分が刈りとるとは限らない。しかし、蒔いた人も刈りとる人も重要であり、主が働いておられます。私達はイエス様が私達の卑しいところを覆い隠してくださったように私達も他人の欠点や卑しいものを覆い隠すほどの愛で仕え、主の霊により頼んで、イエスさまの似姿に近づきたいものです。今このときに励んでいきましょう。このような内容でした。

|

« 御言葉の力~10/14日曜礼拝 | トップページ | つまずきからの解放~10/21日曜礼拝 »

婦人会」カテゴリの記事

コメント

義理父がデーケアでリハビリもかねて愛泉館に行くようになりました国際病院の関係なので聖書に触れてます主は働かれてます

投稿: るか | 2007年10月18日 (木) 20時09分

ちひろ・←これはちひろ本人がひとさし指だけで打ちました

投稿: るか | 2007年10月20日 (土) 21時26分

礼拝にこれて感謝です!

お父さまもいい体験をされますね~
ちいちゃんが打ってくれたとは嬉しい
ですね~
また訪問してきてね☆

投稿: Yoripin | 2007年10月23日 (火) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝道の模範~10/17水曜日クラス:

« 御言葉の力~10/14日曜礼拝 | トップページ | つまずきからの解放~10/21日曜礼拝 »