« 軽井沢修養会 7/30 朝の礼拝 | トップページ | 御言葉にとどまる~婦人会、家庭集会 »

2007年7月31日 (火)

カンファレンス最終日 7/31 朝の礼拝

Karuizawa Union Church 修養会の3日目です。

講師は同じ Lou Diaz 博士。説教の聖句はヤコブ3章13節から18節からでした。

人のことをうらやましいと思う心(嫉妬、ねたみ)は最も悪い思いであり、恩寵や神の知恵とは全く反対です。その兆候を見たら手術が必要です。

伝道についても同じことが言えます。プライドをもち傲慢になっていると教会も宣教チームも分裂してしまいます。

パウロは第1コリント1章で、利己的な志を持って、パウロにつく人や、アポロにつく人で教会が分かれてしまっていたことを指摘しています。わたしたちはキリストのメンバーであることを思い出してください。。

イエスは分裂を望んでおられるでしょうか。全てのメンバーはひとつのからだなのです。

紛争の根は権勢、権力、信用、自由、富、お金、安全などです。これらを求めることにより争いが生じるのです。自分の利益を求めないで他人の利益に注目すること。この世の支配者は上に立つことを好みますが、わたしたちは下にいて仕える姿勢を忘れないようにしましょう。

最後に「争いを解決し、兄弟関係を成長させる平和の約束」と題されたペーパーが配布され、宣教師のみんなで声を出して読みました。ヤコブ3:17~18をもとにしています。

1.清さ
わたしは苦い実を結ぶ嫉妬と利己的な野心から自由になることに努めます。
2.平和(暖かい愛)
わたしは低レベルの争いから解放されることに努めます。
3.寛容
わたしは他人の視点からものを見ることに努めます。
4.温順
わたしはチームの競技者のひとりとして自覚を持つよう努めます。
5.あわれみと良い実とに満ちる
わたしは人を赦し、悪に対して善をもって返しことに努めます。
6.かたより見ない
わたしは公平を旨とし、偏見に捕らわれないように努めます。
7.偽りがない(誠実)
わたしは正直と真実に生きるよう努めます。

目標(18節):
わたしのゴールはイエスのようになることです。だからわたしはそれら「平和の約束/原則」の種をまきます。そうすることによってわたしは兄弟姉妹の関係において主の義の実を収穫するでしょう。

|

« 軽井沢修養会 7/30 朝の礼拝 | トップページ | 御言葉にとどまる~婦人会、家庭集会 »

修養会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンファレンス最終日 7/31 朝の礼拝:

« 軽井沢修養会 7/30 朝の礼拝 | トップページ | 御言葉にとどまる~婦人会、家庭集会 »